高血圧

血管内の血液の圧力、つまり血圧の高い状態(高血圧)が持続すると、動脈硬化、心臓病(狭心症・心筋梗塞など)、脳疾患(脳梗塞・くも膜下出血・脳卒中など)、腎臓病(腎不全)などの合併症を引き起こします。
高血圧はほとんど自覚症状がありませんが、知らず知らずに進行していく動脈硬化や、発症する合併症が重大です。
高血圧になる原因・誘因には、遺伝と環境因子があります。

遺伝による高血圧

高血圧になりやすい体質があり、その体質が遺伝することがわかってきました。
両親が共に高血圧の場合、子供が高血圧になる確率は約60%、片方の親が高血圧の場合は約30%といわれています。両親とも高血圧でない場合は、子供が高血圧になる危険性は5%にとどまっています。
高血圧の原因として、遺伝が大きく関わっていることが分かると思います。

塩分(ナトリウム)の摂りすぎによる高血圧

塩の中で血圧を上げる成分はナトリウムです。食塩の主成分は塩化ナトリウムなので、塩分の摂りすぎが血圧を上昇させてしまうのです。
体内にナトリウムが増えると交感神経・脳神経の反応が高まり、血圧が上がります。
食塩をたくさん取ると、のどが渇いて、水を多く飲むようになります。その結果、血液中の水分量が増え、血液量が増加します。血液量が増えれば、血管の内圧が上がり血圧が上昇するのです。
塩分の摂りすぎが、高血圧の原因になるのはこうした理由からです。

運動不足による高血圧

運動をすると、血管が開いて血流が促されます。そうなると強い圧力がなくても、血流がスムーズになり、運動後には血圧が低下するようになります。
運動不足は、これらの逆の状態を招くので、高血圧の原因となります。

肥満による高血圧

肥満は、高血圧の原因となるばかりでなく生活習慣病の温床でもあるので、注意が必要です。
肥満になって脂肪が過剰にたまると動脈硬化が進むので、高血圧の原因になります。
肥満で体の体積が大きくなると、体のエネルギー消費量が増えるため心臓が送り出す血液量が増え、血圧が上昇します。

加齢による高血圧

加齢が高血圧の原因となる主な理由は、年をとると共に血管が老化するからです。手足など体の末梢神経が、硬くなったり、細くなったりすることで血流が悪くなる動脈硬化が、高血圧の原因になります。末梢神経の血流が悪くなることで、心臓が過度に働き血液を送り込もうとします。その結果血圧が上昇してしまうのです。

ストレスによる高血圧

忙しい現代人は、いつもストレスにさらされています。ストレスも高血圧の原因となります。

気温(寒さ・暑さ)による血圧上昇

寒いと、血管が収縮します。着ているものも重くなります。そうしたことが血圧の上昇を招きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加