腎臓病

腎臓は尿をつくっているだけの臓器ではありません。体内の塩分・カルシウム量のバランスをとり、血圧の調整、ホルモンの分泌、ビタミンDの活性化など、生命活動に欠かせない多くの機能をもっています。
腎臓は組織の一部が壊れても、すぐにほかの部分が代行するため、なかなか病気の自覚症状があらわれません。逆にいえば、むくみや高血圧、食欲不振などの自覚症状が出た時には、かなり腎臓病が進行してしまっているといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加