生活習慣病

自律神経失調症や生活習慣病は日常生活と密接です

自律神経失調症や生活習慣病は日々の日常生活の中に原因が隠れています。

昭和10年~20年代の病気といえば、結核・腸チフス・赤痢・疫痢などの感染症が主流でした。しかし現代病とも呼ばれる生活習慣病、ガン、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などは身体の汚れ(血液の汚れ)が原因です。

表町薬局は、患者さまの立場に立ってご相談を受け、病気の原因を追求する相談薬局として、薬剤師が日常生活指導(食事・睡眠・排便・運動・神経・遺伝など)や漢方をご提案し、自律神経失調症・生活習慣病を克服していただきます。

以下に主な症状と原因を挙げます

高血圧

血管内の血液の圧力、つまり血圧の高い状態(高血圧)が持続すると、動脈硬化、心臓病(狭心症・心筋梗塞など)、脳疾患(脳梗塞・くも膜下出血・脳卒...

記事を読む

心臓病

心臓病とは、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患の総称です。原因は先天性の場合もありますが、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などの生活習慣病に...

記事を読む

腎臓病

腎臓は尿をつくっているだけの臓器ではありません。体内の塩分・カルシウム量のバランスをとり、血圧の調整、ホルモンの分泌、ビタミンDの活性化など...

記事を読む

肝臓疾患

肝臓病の中でも脂肪肝は生活習慣を改善することで治る比較的軽い病気ですが、生活習慣を改善することなくそのままの生活を続けていると、さらに肝機能...

記事を読む

消化器疾患

胃腸疾患 腹痛や胃炎など胃腸に関する病気は私たちにとってかなり身近で、多くの人々が悩まされている病気の一つです。胃腸病にかかる原因は、スト...

記事を読む

老化(腎虚)

胃腸疾患 「腎虚」とは中医学で腎機能の衰えをいいます。腎機能が衰えると、精力減退、体力の衰え、腰の痛みが目立つようになります。「腎虚」にな...

記事を読む

糖尿病・認知症とインスリンの関係

糖尿病 血液中の糖分(ブドウ糖/グルコース)、つまり血糖の過剰な状態(高血糖)が慢性的になりやすい体質を糖尿病といい、日本人の約5%がこの...

記事を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加