健康情報は冷静な判断を

テレビの恋愛ドラマで、「他に好きな人ができた」と恋人が嘘をついてヒロインから去っていくシーンがありました。
一緒に見ていた子供が「これ本当じゃないんだよね。」と一言。世の中にもこれに似たことが多いように思います。いろんな健康情報がメディアからあふれていますが、どれが真実か見極めなければなりません。

血液サラサラ、疲労回復で酢を飲んだことがありますが、体が冷え、胃痛を興し、一回で止めました。
たまねぎサラダも胃痛になり一回で止めました。
それより普通に魚介類の酢の物にしたり、豚の生姜焼きと一緒に玉ねぎを炒めたほうがおいしいと思いました。
酢は魚介類のカルシウムや亜鉛の吸収を助けます。玉ねぎは豚肉と一緒になることで疲労回復に役立ちます。
昔の人はそんなこと考えていなかったでしょうが、知らないうちに理に適った食べ方をしていたのでしょう。それが知恵というものです。
殺菌のための刺身のわさび、冷える冷奴に生姜、天ぷらの消化を助ける大根おろしなど。

いろいろな情報が飛び交う中で、少し冷静になれば本当かしら?と思うことは多いはず。そんな時先人の知恵を思い出し、情報に振り回されないようにしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です