中華料理

ビールと中華料理

日本文化の特徴は、他国の文化を受け入れる考え方だと思います。周りを見回したとき私達は実に外国の文化をうまく取り入れている事に気がつきます。
「食」についても上手にアレンジしながら食べていますが、飲み物の摂り方だけは例外のようです。

例えば中国料理ですが、中国の方は植物性のゴマ油を使い、ジャスミン茶やウーロン茶のホットを飲み、体内に入った油が固まらないように注意して食事をしています。
ちなみにビールは世界中が常温で飲んでいます(ビールは冷えるからです)。

日本の中華料理の油は動物性のラードが多く、そこに冷えたビールか、沢山氷をいれたウーロン茶で中国料理を食べます。油は冷えれば固まります。この習慣を続けていけば体内に脂肪が溜まりやすくなり、生活習慣病や肥満になりやすくなります。

温かい飲み物を飲んだ時に幸福な気持ちになるのは、胃をやさしくしてあげた内臓からのお礼だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です