なす

玲子おねえさんの知恵袋

なす

最近は毎日の温度の差が激しくて季節が判らなくなってしまいそうじゃ、それでも外の空気は季節を感じる時がある。例えば秋と言えば茄子じゃなぁ。茄子の諺にはみんなも知っている『秋なすは嫁に食わすな』がある。これには三通りのはなしがある。

一つは、姑のいびり説。秋茄子は味が良いので、嫁に食わせるのはもったいないという説。
二つめは、嫁の身を案じる心配説。秋茄子は体を冷やして毒だからとか、秋茄子は種子が少ないので子種が少ないのを嫌ってなど嫁の体を思う親切心からの説。
三つめは、ネズミを嫁に例えた説。『末の初もの』という諺があるように、季節の最後に出来る野菜は、初物と同じくらい味が良いと珍重されてきた。それをネズミ(嫁)に横取りされてはたまらんと言う説じゃ。

それとワシが好きな諺は『茄子の花と親の意見は千に一つも仇がない』じゃ。
茄子の花は必ず実を結ぶので無駄がない。同じように親の意見も間違い(無駄)がないということじゃ。わしも婆さんに感謝じゃなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です