大豆が一番!

玲子おねえさんの知恵袋

玲子おねえさん

『マメに暮らす』…ワシの好きな言葉じゃ。
元気いっぱいで働き、楽しく活発に生活することじゃ。

大豆はいろいろな事に利用されてきた。大豆は日本人の元気の源の”1つ”じゃな。
大豆食品には、醤油、たまり、納豆、もろみ、みそ、もろみ、金山寺みそなど大豆を発酵させてつくったものと、豆腐、湯葉、凍み豆腐、油揚げ、豆乳、もやし、がんもどきと発酵させないで作るものと二種類ある。
大豆がこれだけいろいろな使い方が出来るようになったのは、野菜や米が作れない痩せた土地でも不思議と大豆は育つので、一つのものから色々と工夫して食べるようにしたご先祖様たちの知恵のたまものなのだ。

われわれの先祖は『豆』を『魔滅』とか『万米』の字を当てて使っていた。
『魔』は人間の生活を脅かすものじゃ。『大豆』には病気や災いなど色々な不幸を跳ね返すという言い伝えがあるから、節分の夜、『鬼は外』といって、鬼に投げつける『まめ』も、『魔滅』からきているのじゃ。

節分の夜にはワシも有り難く24個(随分前からこの数じゃな…)頂くとするか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です